『癒しフェア』セミナーでクリアした、私にとっての課題

 

 

 癒しフェア 2019 in TOKYO 初日。

セミナーを開催させていただきました。

 

全然人が集まらなかったらどうしよう・・・

とドキドキしていましたが、

なんと満席を超えて立ち見の方もいらっしゃって。

 

ご夫婦や男性お一人のお姿も。

たくさんの方がアロマとチャクラに興味を持っていらっしゃるんだと

実感できて本当に嬉しかったです。

 

皆様、本当にありがとうございました!

 

 

さて。

癒しフェアといえば、東京ビッグサイトに

スピリチュアル、サイキック、ヒーリング、ボディワーク、

食、ペット…癒しに関わる人々が全国から(海外からも)

集結するビッグイベントですから、

そのエネルギーたるや、ものすごいのです。

 

そんな中でセミナーをすることになり・・・

 

 今さらソレ言う?という感じですが、

実は私、大人数の前で話すことがとにかく苦手。

 

いわゆる「エネルギーあたり」なのか、

氣を消耗しすぎるのか、大きい規模のセミナーをすると、

そのあと具合が悪くなることも。。。

なので大きな場所での仕事やセミナーは極力避けてきたのです。

 

 

でも今回は新刊を出版したこともあり、

セミナーのお話がいただけたのはありがたいこと。

 

この苦手意識、この機会に手放そう!と

心に決めてセッションを受けることに。

 

他の人からしたらどうってないことが、

本人にとってはすごく困難なこと。ってありますよね。

 

それが、私にとっては『人前で話す』ことなのです。

なのに、話す仕事に就いている。

 

ということは、人前で話すことの困難さを手放すことが、

今回の人生テーマのうちのひとつなんだろうなと常々考えていました。

 

 

Instagramではちょこちょこアップしていましたが、

IH、フィボナッチ音叉、アクセスバーズ、シータヒーリング・・・

そしてもちろんアロマセラピー。

 

 『自分軸を強化する』

『人前で話すことの苦手意識を手放す』

 

この2つのテーマで自分と向き合い、

セッションを受け続けた数か月。

 

過去生から幼少期から、過去のトラウマの解放だったり。

改めて私の「真の仕事」についての気づきがあったり。

いろんなことが起きて、充実した時間でした。

 

その中で、私のアロマセラピーの原点というか、

大切なことを思い出しました。

 

病気になったことでアロマセラピーと出会い、

失声症に悩まされていた時も香りの存在に助けられていたこと。

 

アロマセラピーが、それまでの人のため、

人に合わせて生きるという私を、自分のために、

自分らしく生きることに導いてくれたこと。

 

自分のことを話そうと思うと全然声が出ないのに、

アロマの楽しさを伝えたい!と思うと

不思議と誰とでも話ができるようになっていったこと。 

 

そうそう。

私は「私を語る」ためじゃなく、

「アロマの素晴らしさを伝える」

ためにこの仕事に出会わせてもらえたんだ。

 

だから目の前の1人に対しても、100人に対しても、

同じようにアロマの素晴らしさを伝えればいいんだ。

 

どうして忘れていたのだろう?

いや、忘れていたんじゃなくて、

もう一度そこを確信する必要があったんだ!

 

私はアロマの素晴らしさを伝える、

という役割を進んで受け取ったことを。

 

それに気づいたら、

苦手意識はいつの間にか吹っ飛んでいました。笑

 

まぁ、そこに至るまでに時間はかかりましたが、

結果的にセッションの効果で課題をクリア!

 

気持ちがとっても軽くなって、

気持ち新たに迎えたセミナー当日。

 

会場までの道のりが、すでにワクワク。そして、

 

セミナーは、最高ーーーーに楽しかったです!!!

 

外から見たら、今までのセミナーと今回のセミナー、

何も変わりはなかったかもしれません。

 

でも、私の内側の意識は全然違っていました。

 

気負うことなく、席に座ってくださった方々と一緒に

アロマを楽しもう、という気持ちだけ。

 

あっという間の一時間でした。 

 

お仕事の中には、必ず自分の成長テーマがあると思っています。

だから、いつもお仕事をいただいたときは、

その意味を自ら見出し、課題を設定し、楽しみながらクリアする。

 

そうすると、

仕事が終わった時に魂が小さな階段をひとつ昇って、

目の前に広がる世界が新しいものになる。

 

そんな風にステップアップを繰り返し、

見える景色をどんどん変えていくのが人生かなと。

 

だからお仕事ってありがたい。

 

誰もが仕事を通して成長の機会を与えられているんですよね。

 

セミナーが終わってから、何人かの方が声を描けてくださって。

『お話しとってもおもしろかったです』

『このセミナーのために癒しフェアに来ました』

『声がとっても印象的でしたよ』

などなど。

 

私にとっては

「えぇーーーっっ!? 信じられない!!」

という賛辞ばかり。

 

今回は、

素直に『ありがとうございます!』と賛辞を受け取りました。

参加者の方のお言葉は、何よりのご褒美。

 

それを糧に、アロマの素晴らしさをもっとたくさんの方に伝えたい!と思いました。

 

セミナーの内容については、次回のブログに書きますね。