· 

第4チャクラ ~愛のエネルギーをどう生かすか?【五感で調える チャクラヒーリングコース】でした

『五感で調える チャクラヒーリングコース』

月に1回の開催で、火曜クラスは本日4回目。

第4チャクラのレッスンでした。

 

(日曜クラスは台風で1回休校となったため、

 今月が第3チャクラのレッスンとなります!)

 

第4チャクラ。

7つのチャクラの中で最もパワフルなエネルギーを持つといわれます。

第1~3チャクラが肉体を司るチャクラ。

第5~7チャクラが精神を司るチャクラ。

その二つを統合し、バランスを取る。

チャクラシステムの中心部が第4チャクラです。

 

サンスクリット語のアナーハタ(anāhata)は、

[二つのものが触れ合うことなく起きる音]という意味を持ち、

愛と調和がテーマ。

もっとも深い学びがあるともいわれます。

 

神聖な感じがしますが、この感覚を日常に感じることが大切。

では愛と何か?真の調和とはなにか?

ということを、

レッスンではみなさんとのシェアを交えてレッスンしました。

 

2020年は、数秘術の世界では[4]の年。

つまり第4チャクラがテーマの1年となります。

 

前回の4の年は2011年。東日本大震災の年でした。

私は実家が福島県で、原発のわりと近くで育ったもので、

あの出来事は深く刻まれています。

仕事の方向性も大きく変わりました。

 

それまでは大きなアロマ協会の認定スクールをしていましたが、

「もっとスピリチュアリティに響くアロマのレッスンがしたい」

と考えるようになり、

チャクラのコースを開講したのは震災の翌年、2012年です。

 

私自身、第4チャクラは

「二つのものを愛と調和をもって向き合わせ、バランスさせる」

というテーマでとらえていて、

その二つのもの、というのは、

肉体と精神以外にも、思考と感情、理想と現実、そして過去と未来、

といったものにも当てはめることができます。

 

2011年に体験した思いを、2020年にさらに形にして表現していく。

ということにも繋がるのでは、と考えています。

 

ホロスコープ的にも来年は思いを形にする年。

「理想や思いを現実に行動して表現する」ということを、

誰もが体験する1年になるのではないでしょうか。

 

それを、ワクワクして行うのか、不安いっぱいで行うのかは

本人のエネルギー次第ですね。

 

2020年の幕開けに向けて、心と身体をしっかり整えて、

エッセンシャルオイルのサポートも受けながら過ごしましょう。

 

 

レッスンの最後には、第4チャクラの香りをブレンドしてつくる

「チャクラバランシングミスト」制作の実習があるのですが、

今回みなさん、第4チャクラのパートナーとなる第1チャクラの香りを

たくさん入れていたように思います。

やっぱり、現実力が試される2020年に向けて、

香りにもグラウンディングのパワーを求めるのかもしれません。

 

そして、ローズオットーはブルガリア産とペルシャ産、

産地によって香り(というかエネルギーなのでしょうか)が

全く違うので、好みが分かれていたのが興味深かったです。

みなさん、自分が必要なものが何かをハッキリわかっていらっしゃるんだなーと。

 

ご参加くださった皆さま、ありがとうございました!

第4チャクラの香りを楽しみながら、2020年をお迎えください♪

 

・・・‥‥………………………………………………………‥‥・・・

「五感で調える チャクラヒーリングコース」

月1回 火曜クラス/日曜クラス 10:00~14:30

 

途中参加、単発受講ができますので、

ご興味ある方はお気軽にご参加ください。

・・・‥‥………………………………………………………‥‥・・・