「ホリスティック」な視点を大切に

前回の「私は伝統医学だけを大切にしているわけではないんです」という続き。

 

スクールも「ホリスティックアロマセラピー」を学ぶ場です。

もちろん、薬理成分や作用についてもレッスンしています。

 

アロマセラピーは「Art & Science」と言われる通り、

エッセンシャルオイルは人の心に響く芸術であり、薬理成分をもった存在であり。

だからこそ興味が尽きない。

 

伝統医学、メディカル、スピリチュアル・・・

あらゆる側面からエッセンシャルオイルを見つめていくことで、

本質的なアロマセラピーが実践できるようになります。

 

 

さて。

私が薬理成分のレッスンで使用しているのは、

ドイツのアロマセラピスト、モニカ・ヴェルナー女史の著書

「アロマ療法大全」です。

ドイツのアロマセラピーは、まさに「Art & Science」のバランスがよいのです。

 

この書籍も、薬理成分の図が工夫されていて、

成分の特性を色で、含有量を〇の大きさで、作用を配置で、

わかりやすく示してくれているので、

直感的に成分的な特徴を捉えることができます。

 

文字を暗記して必死に覚えるより、図を使って感覚的に覚える方が楽ですよね。

女性は特に。

 

どんな学習も楽しく!がモットーなので、

使う教材は読んでいて楽しくなるものを選んでいます。

 

「アロマ療法大全」は、アロマセラピーを実践する人であれば手元に置いておきたい良書です。

 

(Amazonでは在庫がないようで、だいぶ値上がりしていますが・・・・Kei.K Aroma Studioで購入もできます。)

 

ご興味ある方は、体験レッスンや説明会などでお見せしていますので、

一度ご覧になってみてください。