ブログ

ブログ

唯一無二の存在であること ~ホリスティックアロマセラピストコースでした

先月からスタートした
「ホリスティックアロマセラピストコース」7期生クラス。
すっかりファミリー感が出てきています♪

今回はアーユルヴェーダのレッスン。
生徒さんにオススメしている書籍の中に
「本当の自分を取り戻すアーユルヴェーダ」
というものがあります。

↓クリックするとAmazonにジャンプします。

アーユルヴェーダはこの世に生まれ出る前に決まっている
自分本来の状態になることを目指す医学。
私が伝えたいホリスティックアロマセラピーも同じこと。

そしていつも話すことは、
「セラピスト自身が本来の『自分』であることが大事」。

セラピスト自身が自分をわかっていない、
自分に嘘をついている、
他の誰かになろうとしている、としたら、
向き合ったクライエントは同じような状態になります。鏡の理論。

「セラピストは優等生でなければならない。イイ人でなければならない。」
と思い込んでガチガチでクライエントと向き合ったら、
クライエントはきっと同じようにガチガチになって
セラピストの前で優等生のふりをするでしょう。

だからコース中は自分ととことん向き合っていただきます。
「自分を理解する。」
セラピーにおいて重要なこと。
だからまずはセラピスト自身が自分を理解する。

宇宙の中ではだれもが唯一無二の存在。
他と比べることは無意味。
自分に内在する可能性や才能に気づいて、
それをセラピーに乗せて表現したらきっと仕事はうまくいく。
アロマセラピストだからってアロマセラピーの勉強だけしていても
よいセラピストにはなれません。
セラピスト=人間力を高めることはとっても大事なんです。

だからアーユルヴェーダのレッスンでも、
「まずは自分を知ろう!」
ということでドーシャバランスのチェックをしたり、
脈でその人の人柄を知ったり、というワークを取り入れています。
(脈は本当にその人そのままを表しているからおもしろい!)

他に、
エッセンシャルオイルにもドーシャバランスがあるので、
それをアロマセラピーに活かしましょうというワークもして。
エッセンシャルオイルの個性を理解する引き出しをたくさんつくっていただいています。

私はスクールのルールに従ったアロマセラピストより、
自分で考えて、実践して、自分だけのセラピーの世界観を築ける
アロマセラピストを世に送り出したいと思っています。
そのためには、みんなひとりひとりが自分の個性に気づいて、
アロマセラピーを通して何を世に広めたいか?を考え、そして行動する。
自分を輝かせるために仕事をする。
私はそのサポート役かなと思っています。
7月の卒業までに、メンバーひとりひとりの個性がさらに輝きますように!

来月もよろしくお願い致します(^-^)

5月からスタートする8期生クラス。受講生募集中です。
毎月1回日曜クラス。ご興味ある方はお気軽にお問い合わせください!

ページトップへ