お知らせ

お知らせブログ

満席となりました!【ホリスティック アロマセラピストコース】8期生募集

※満席となりました。募集を締め切ります。

5月26日(日)からスタートする

【ホリスティック アロマセラピストコース】8期生クラス

お一人分席が空きました!
初の月1回レッスン。お勤めされている方が通学しやすい日曜開講。
1年間かけてホリスティックアロマセラピストとしての学びを深めていきます。

どのレッスンでもお伝えしていることですが、
セラピストとして1番大事なのは、常に『自分』で在ること。
ありのままの自分、正直な自分で生きることです。

アロマセラピストの学びというと専門知識を学習すること、
と思われがちですが、
どんなに参考書の情報を頭に詰め込んだとしても、
目の前のクライエントと全く同じ人間は宇宙にひとりとして存在しない。
その唯一無二の存在に対して本当のセラピーを行おうと思ったら、
参考書の情報はほんのヒトカケラしか役に立たないものです。

だから繰り返しクライエントと向き合うこと。
その体験で培った知識と経験値、洞察力はセラピストにとって1番の糧。
それと並行してアロマセラピーの専門知識を身につけていく。
現場の学びが大事なんですね。

さらに平等意識を持つこと。人をジャッジしないこと。
頭でわかっているようで、ついつい出てしまうクセに自分で気づくこと。
「セラピストなんだからつねに完璧でなければならない」
「セラピストとして恥ずかしいことをしてはいけない」
「セラピストたるもの常に自分を律しなければならない」
といった自分をがんじがらめにしてしまう行為は、
クライエントのこともがんじがらめにしてしまいます。

向き合う者同士は鏡となる。

自分を愛することができて、
はじめて目の前のクライエントに愛を向けることができます。

これはセラピーの場だけ意識してもなかなか難しい。
だからセラピストとして、じゃなくて人として。
生き方そのものを見つめることになる。

レッスンの中でもディスカッションやカウンセリングの練習などを通して
人と向き合うことで自分を見つめるワークもたくさん行います。

・・・こういった、
言ってみれば『人生の基盤』から1年かけて学んでいくわけですから、
1年後の在り方がどれだけ変化するのか?楽しみでなりません。

それから、卒業したら必ずアロマセラピストにならなければ、
という思い込みも外していただいて、
本当に自分が望む生き方に進めるように、というスタンスで進めていきます。

中医学、チャクラ、アーユルヴェーダといった
伝統医学をベースとしたアロマセラピーを学びながら、
自分と深く向き合い生き方を確立させる機会として学んでいただければと思います。
もちろん、アロマセラピーのスキルは
かなり高いレベルのものを身につけることができます!

コースにご興味がある方はお気軽にお問い合わせください(^-^)

 

お問い合わせはこちらから

 

ページトップへ