五行説

「世界は5つの要素によって構成され営まれている」と考え、自然界の5つの質に割り当てた学説です。「春・夏・秋・冬・土用」の五季をイメージすると分かりやすいかもしれません。

私たちの中にもこの5要素が存在し、それぞれの質が協調しめぐることで人生にストーリーが生まれ、私たちは成長していくと捉えます。

 

エッセンシャルオイルも5つの質に分けることができます。この上なくスキ!と感じる香り。または、なぜか気になる香りは、自分の人生が今、どのステージ(行)にいるかを教えてくれます。

そしてそのテーマをやりきると、自然と次のステージへと進むことができる。

人生のめぐりを五行説に重ね、そこにエッセンシャルオイルのサポートを取り入れることで、自分の人生への理解が深まります。


ジュニパー、ブラックペッパーなど果実、種子/サンダルウッド、シダーウッドなど木部

季節でいうと冬の時期

動きが停止しているようですが、春の芽吹きの時期に備えてしっかりとエネルギーを蓄える大切なときです。

また、水と繋がる臓「腎」は、その人の生まれながらの質=精を蓄えています。この世に生まれてきた志とも捉えることができます。

 

精は自分らしく生きるための原動力となるエネルギー。エネルギーが不足していると自分らしさが分からず何をしても不安が顔を見せます。「自分が何のために行動するか?」をじっくり考えるときも水の質が必要です。

 

水の質の香りが心地よく感じるときは、焦りから行動しようとしないで、一度立ち止まってじっくり自分と向き合う時期。自分の本質を生きるために必要なものを検討し、コレと決めたものに注ぐエネルギーを蓄えるときです。

水の質のエッセンシャルオイルは、深さや落ち着きを感じさせます。外の世界に答えを求めるよりも、自分の内側に語りかけて。不安や迷いを決心と確信に変えていくために、香りにサポートを求めてみてください。

 

 


ペパーミント、ローズマリーなどハーブ/ベルガモット、ライムなどグリーンの果皮

季節でいうと春の時期。

新芽がすくすくと天に向かって伸びるように、蓄えられ満ちたエネルギーが、目的に向かって勢いよく動きだした成長のとき。

 また、木と繋がる臓「肝」は、心身にエネルギーをなめらかに流し、私たちを活動的にさせる役割があります。

 

けれど、エネルギーが不十分だったり、流すはたらきがうまくいかないと、散漫になって自分が何をしたいのかよく分からなくなったり、臆病になって行動できなくなったりしてしまいます。

 

木の質の香りが心地よく感じるときは、新芽のように純粋でワクワクした気持ちを楽しみながら、自分を成長させたいとき。また、やりたいことに向かって迷いなく前進したいとき。そのための勇気や行動力が欲しいときです。

木の質のエッセンシャルオイルはフレッシュで軽やかな香りが特徴。心と身体を軽やかなエネルギーで満たして前進を手助けしてくれます。

 


ジャスミンやネロリなど花/バジル、タイムなどハーブ

 

 


カユプテ/ティートゥリー/パイン・スコッチ/パチュリ/パルマローザ/ヒソップ/マートル/ユーカリプタス・ラディアタ/ユーカリ・グロブルス/ラヴィンサラ/レモングラス/ローレル

バラ、サクラ、ユリ・・・植物を思い出すときに真っ先に浮かぶのは「花」。

花はその植物の「個性」を最も表現する、いわば「カオ」です。そんな花のエッセンシャルオイルは、私たちの持って生まれた個性を美しく目覚めさせ、そして自己表現とアイデンティティーの確立を促します。

 

私たちは、無意識に人と比較して、人より優れているもの、自信があるものが個性だと考えがちです。でも、花の香りが気づかせてくれることは、誰かと比べることの無意味さと、自分が自分でいる。その自然な姿がもっとも美しく個性的だということ。

 

そんな花の香りが何よりもスキという方は、美しいもので自分を満たすことに幸せを感じます。内面が満たされていることでポジティブなエネルギーを生み、それを外の世界に広げて、周りを明るくしていくことに喜びを感じます。

今までは人に求められるままに責任感で生きていたけれど、これからは自分らしく、自分を幸せにするために生きたい、と意識が変わったときにも急に花の香りがこの上なく心地よく感じたりします。それは喜びの象徴とされる花の香りからの祝福でもあるのです。

 


花と葉(ハーブ)

クラリセージ/スパイクラベンダー/スペアミント/ゼラニウム/タイム・チモール/ペパーミント/マージョラム・スウィート/メリッサ/ラベンダー/ラベンダー・アルパイン/ローズマリー/ローズマリー・ベルべノン

「古いものを手放し、新しいものを受け容れる」葉のはたらきと、「個性の目覚めと、アイデンティティーの確立」をサポートする花の、両方を持っているハーブのエッセンシャルオイルは、自己を深く追求したい人に。「真の自分らしさ」について気づきを与えてくれます。自分に対して、知らず知らずのうちに思い込んでいた「〇〇であるべき」という概念の枠を外し、自由と解放を与えてくれます。

 

葉や花以外に、茎や、種類によっては根など、たくさんの部位から抽出されるハーブのエッセンシャルオイルには「全体性のバランスを調える」という特徴もあります。部位が多い分、薬理成分も多種含有されていて、その分作用も幅広い。「何にでも役立つ」と言われる頼もしい存在。その上、栽培しやすいためリーズナブル。

 

ハーブの香りがしっくり馴染む人は、誰とでも調和できる親しみやすい人。自己主張しませんが、そこにいるだけで場を和ませる雰囲気を醸し出します。それはハートチャクラに響く葉と、飾らない自分らしさを大切にする花のエネルギーに共鳴する人ならではの才能です。

 


果皮

オレンジ・レッド/グレープフルーツ/シトロン/ベルガモット/マンダリン・グリーン/マンダリン・レッド/ライム/レモン

カンキツ系の果実がよく育つのは、日照量が多い土地。皮の部分に太陽の光をいっぱいに浴びて成長し、成熟した皮を生搾りしたのがエッセンス。つまり、エッセンスの中には太陽のエネルギー=氣がたくさん詰まっています。

氣は生命あるものに動きを与える原動力。そんな氣の塊ともいえるカンキツ系のエッセンスは、私たちの身体の中や、思考、感情・・・すべてに巡りを与え、停滞していたものをグッと前進させるパワーに溢れています。

 

また、果実は植物の「子ども」です。果皮のエッセンスは、私たちの内側の子どもの部分に光を当てます。日常の小さな出来事に、幸せを感じたいとき。眠っていた無邪気さを目覚めさせたいとき。または癒されていないインナーチャイルドのセラピーに。私たちにクリアリングを促し、人生に対する純粋な歓びについて教えてくれます。

 

 

 


サンダルウッド/シダーウッド・アトラス/シダーウッド・ヴァージニアン/ローズウッド

木の幹は、植物の体幹部=中心軸です。そのエッセンシャルオイルは、私たちが外側の価値観に惑わされることなく自分をしっかりセンタリングさせて内側の声に従って生きることをサポートします。生まれてきた意味や役割を、臆することなく現実の中で体現していくための心強いパートナーとなってくれます。


樹脂

フランキンセンス/ベンゾイン/ミルラ

木肌が傷ついたとき、その傷を守り癒す役割の樹脂。そのエッセンシャルオイルは、私たちに「傷を保護し、癒す」という働きをしてくれます。スキンケアはもちろんのこと、心が傷ついたとき、魂の傷に気づいたとき、癒しのパワーを発揮してくれます。