陰陽説とエッセンシャルオイル



 

自然界のあらゆるものが陰と陽に分けられるように、エッセンシャルオイルにも陰性と陽性があります。

どちらかひとつの質しかもっていない、ということはなく、どちらの質を強く持っているかで分けられます。

 

私たちは、自分の状態に近いものを「心地よい」、遠いものは「心地よくない」と感じます。

人間関係で、気が合う人といると気分がよく元気になるし、気が合わない人といると疲れてしまう・・・というのは

誰でも経験がありますね。

 

香りにも同じことが言えて、自分が陽の状態であれば、陽性の香りを心地よく感じ、陰の状態であれば、陰性の香りを心地よく感じます。

心地よく感じる香りから、自分が今どんな状態なのかが分かるのです。

 

ただ、氣のバランスが乱れていると、逆の質の香りに惹かれることもありますから、

香りを嗅いだときに、自分の心の状態、身体の状態とゆっくり向き合うことが大切です。

 

陰の性質

イランイラン/カモミール/スパイクナード/サンダルウッド/ベティバー/ベンゾイン/ヤロウ/ローズ

陰の状態は日が当たっていない様子から、夜、暗さ、寒さ、冷たさ、日陰と関係します。

エネルギー的には、冷やす、下降する、内に向かう、潤う、落ち着く、静けさ、穏やかという特徴があり、リラックスや眠りの状態ともいえます。

 

陰性の香りが心地よく感じるときは、家でのんびり過ごしているような、肩の力が抜けてリラックスしているとき。または、ヨガや瞑想などで自分の内側と静かに向き合っているとき。

眠るとき、または眠いと感じているときも心地よく感じるでしょう。

 

逆に、身体の陰のエネルギーが不足してくると、元気がないのに落ち着きがなくなります。

あれもやらなくちゃ、これもやらなくちゃと頭は忙しいのに身体がついていかない・・・というときは、陰性の香りを試してみてください。


陽の性質

ジュニパー/ジンジャー/タイム・チモール/バジル/ピンクペッパー/ユーカリプタス/レモン/ローレル

陽の状態は日が当たっている様子から、昼、明るさ、暖かさ、熱、日なたと関係します。

エネルギー的には、温める、上昇する、外に向かう、乾かす、軽やか、活発、刺激という特徴があり、活動的な昼間の状態といえます。

 

陽性の香りが心地よく感じるときは、仕事や勉強などに集中しているとき。または外に出かけて、人との関わりなどを楽しんでいるとき。自分を表現しているとき。

活動モードに入っているときは心地よく感じるでしょう。

 

逆に、身体の陽のエネルギーが不足してくると、冷えを感じたり、なんとなく心と身体が疲れているように感じたりします。

ヤル気が出ない、元気が欲しい!というときは陽性の香りを試してみてください。

 


 

詳しくはAwakening Aromatherapy 総合コースにてレッスンしています。