講師紹介

小林ケイ
(Kei Kobayashi)

アロマセラピストとして20年以上クライエントと向き合っています。つらい不調に悩む方の望みは「健康になりたい」ということ。 でも、表面的に身体の不調が改善されても、どこか健康と感じない。特にストレスを感じていなくても、なぜか優れない。
『 本当の健康って、どういうことなんだろう?』 その答えを求めて、アロマセラピーのスタイルがどんどん変わっていきました。

そして、エッセンシャルオイルを表面的な症状に対して使うのではなく、その方の人生の目的や願望をサポートするために使うようになってから、たった1本のエッセンシャルオイルで、大きく生き方が変わっていく方。たった1回のトリートメントで、人生の方向転換を決心される方。
たくさんの歓びやおどろきと共に、アロマセラピーの本当のパワーを実感するようになりました。
そして、健康とは『人生のテーマに沿った歩みを進める状態』だと気づかされました。

人にはそれぞれ生まれてきた目的があります。人生で達成したいテーマがあります。そこに気付くと、人生の見方が変わり生きる意欲が湧いてきます。つらさも成長の一つであると受け取れるようになります。すると自然に、心も身体も、そしてスピリットもイキイキと躍動しはじめます。生きることが楽しくなります。

そんな人としての成長に、いつでも心強いガイドとして寄り添ってくれるのが植物の生命力=エッセンシャルオイルです。
香りを通してじっくり自分と向き合い、自分が本当に望む生き方や人生の目的に目覚めていく【Awakening Aromatherapy】で、豊かな人生の旅を楽しめるようサポートしたいと思っています。

主なライセンス

  • 英国ITEC認定アナトミーフィジオロジー&ボディマッサージセラピスト
  • 英国ITEC認定アロマセラピスト
  • 日本アロマコーディネーター協会(JAA)認定インストラクター
  • センセーション・カラーヒーリング カラーセラピスト&ティーチャー
  • オーラソーマレベル2修了
  • 現代霊気法レベル3修了
  • ユニバーサルトリートメントヒーリング 習得
  • 英国ピーター・ウォーカー ベビーマッサージ認定ティーチャー

講師経歴

  • 2001年 4月 シーズインターナショナルカレッジアロマセラピー学科立ち上げ/主任講師を務める
  • 2002年 2月 HMCA AromaSchool(目黒区/JAA加盟校)主宰
  • 2005年 4月 出産を機に後任に引き継ぎ引退。
  • 2006年10月 AROHAM Aromatherapy Association(渋谷区/JAA加盟校)主宰
  • 2007年 4月 2度目の妊娠を機に教室を自宅(横浜市)に切り換える。
  • 2012年 4月 Kei.K Aromatherapy School(横浜市港北区/JAA加盟校)開校
  • 2015年12月 Kei.K Aroma Studio(小林ケイ アロマステューディオ)に名称変更
  • 2017年 8月 一般社団法人エッセンスオブヒール 設立

外部講師経歴

  • 2010年4月~2011年10月 学校法人・専門学校 首都医校アロマコーディネーター専科講師
  • 2014年2月~ オーキッド・メディカルスクール アロマコーディネーター科講師

過去の講演活動

  • 社団法人日本秘書協会 定例会にて講演(東京ウィメンズプラザ)
  • UBS証券 勉強会にてアロマセラピーレッスン開催(UBS証券社屋)
  • HONDA イベントにてアロマセラピー体験レッスン開催(HONDA)

Essence of Heal

小林ケイが代表理事を務めるアロマセラピー協会一般社団法人エッセンスオブヒール(Essence of Heal)。
本当の自分らしさや、自分らしい生き方に気づき、その人本来の生き方に目覚めるためのメソッド『Awakening Aromatherapy』を伝える認定ファシリテーターの育成に力を入れています。

Essence of Heal

著作紹介

  • 『人生を変える!! 奇跡のアロマ教室』~Awakening Aromatherapy~(BABジャパン)

    ご購入はこちら(Amazon)

  • TOEN MOOK「素敵な女性になるアロマセラピー」(2004年桃園書房)監修
  • 月刊誌「えがお計画」(白石書店)コラム「小林ケイのアロマな生活」
  • 歯科医師団体季刊誌にアロマコラムを執筆

メディア・セミナー情報

小林ケイのメディア出演やセミナー情報をお届けします。

一覧へ

小林ケイ インタビュー

現在、講師・セラピストとして、活躍している小林ケイ。
アロマセラピーとの出合い、これまでの道のり、香りを通じて伝えたいことなど、さまざまな想いを綴っています。

小林ケイ インタビュー

ページトップへ